mamoria project

企業がすべきこと

概要

介護離職を防ぐために、企業は以下のような対策を取ります。

  1. 実態把握
  2. 制度見直し
  3. これから介護の可能性がある人への支援
  4. 介護をしている人への支援

詳細

1.実態把握

アンケートやヒアリングで、現在介護をしている人がいるか、これから介護をする可能性のある人がいるのかを把握します。

→Webアンケート利用は こちら をご確認ください。

2.制度見直し

1の実態把握後、結果を元に自社に必要だと思われる制度を検討し、必要があれば新しい制度を作ります。

3.これから介護の可能性がある人への支援

介護は突然始まり、すべきことが次から次に降りかかってきます。

初動でミスをすると、そのあとの介護と仕事の両立が困難になる可能性もありますので、できるだけ事前に情報を伝えること、介護と仕事は両立できるというメッセージを会社が伝えることが重要です。

4.介護をしている人への支援

介護が始まると、その内容は千差万別となり、ケアマネージャーなどの専門家に頼る必要があります。相談の窓口の提供や、コミュニティなど、精神的なサポートが重要になります。

関連リンク

アンケートに興味のある方へ

まずはWEBアンケートによる実態調査を行いませんか。


アンケートの詳細は こちら をご確認ください。

アンケートに関する無料相談は こちら から受け付けております。